体験予約 LINE予約

blog
ブログ

ダイエット最強の相棒『水』

ダイエット最強の相棒『水』

ダイエットにおいて「運動」「筋トレ」「食事制限」が大切なのは耳にします良いね?そして「水を飲むことも重要である!とよく耳にすることかと思います。

「こまめに水を飲むとダイエット効果があるらしい」

「1日2リットルの水を飲まないといけないらしい」

ダイエットの会話をしていると、このような話題が出てくると思います。

皆さんご存知の通り、ダイエットに水を飲むことはとてもとても効果的です。では何故効果があるのか?どうやったら効果を実感しやすいのか?説明していきますね!

そもそも水は身体にどんな効果・役割があるのか?

飲み物や食べ物に含まれる水分は、腸から吸収され血液などの体液として全身を巡ります。そして身体中に栄養素や酸素を運んだり、不要となった老廃物を体外へ運んだりします。また体温を一定に保ったり、血液を円滑に流すのも水の重要な役割です。

つまり私たちの生命維持には無くてはならない物です。4.5日間一滴も水を飲まないと死ぬとも言われています。

ダイエットに効果的な5つの効果

代謝アップ

水を飲むことで血中の水分量が増え、血行が良くなります。血行が良くなると、体の末端まで栄養や酸素を運ぶスピードが上がるため、細胞の活性化が早くなります。

代謝の向上!!

代謝が上がると、身体のエネルギー消費量が増加します。エネルギー消費量が増加するということは、カロリー消費量が増えるということです。

アンチエイジング

筋トレにも同じ効果があるのですが、水を飲むとアンチエイジング効果を期待することができます。年齢を重ねるごとに細胞内の水分量は減少していきます。水をたくさん飲み体内の水分量を増やすことで細胞内の水分量を増やし、「肌荒れ」「しわ」「くすみ」などを防止します。

また、肌トラブルの原因になると言われる「食品添加物」「体内に取り込まれた大気汚染物質」と行った有害物質も排出してくれます。つまり水は体内のお掃除をしてくれているのです。さらに、硬水などのカルシウムを多く含んだ水分を摂取すれば、骨の健康を保ちます。

便秘改善

便秘に関しては水を飲むことで、代謝のアップという面と、水分補給によって便の硬さをやわらかくすると言う面の2つからアプローチします。代謝を上げるとぜん動運動がより促されます。また代謝が落ちて腸の動きが弱っていたとしても、水分を含んだ柔らかい便だと排出しやすくなります。

食物繊維も一緒に摂取することで、相乗効果が得られより効果を実感できると思います。

リラックス効果

水に含まれるマグネシウムイオンとカルシウムイオンには鎮静効果があるとされています。そのため、ストレスを感じている時、トレーニングで疲労している時などに水を飲むと、リラックス効果を得る事が出来ます。

特にカルシウムは交感神経の働きを抑制し、イライラを抑えたり、頭痛を和らげたりもします。また自律神経は白血球の動きにも関わるため、免疫力のアップにも水分補給は欠かせません。

血流改善

血液の80%は水分で構成されています。ですので水分が不足していると、血液の循環は遅くなり悪化します。反対に水分で満たされていると血流は良くなり、スムーズに循環されます。

また血液には余分な脂質、糖質、塩分などを排出する働きもあるため、水を飲む事で高血圧や、糖尿病などの生活習慣の改善や予防に約立つとも言われています。

最大限効果を発揮する水の飲み方

必要水分量

日常生活を送る上で、成人が必要な水分量は2〜2.5リットルとされています。しかし年齢や体重によって変化するため以下の計算式を利用して必要な水分量を把握しましょう。

【計算式】

1日の必要水分量(ml)=体重(kg)×年齢別必要量(ml)

【年齢別必要量】

  1. 30歳未満・・・40ml
  2. 30~55歳・・・35ml
  3. 56歳以上・・・30ml

一気に飲まずにちょこちょこ飲みましょう!

飲むタイミング

  1. 起床後
  2. 食事前
  3. 食事中
  4. 運動時
  5. 入浴の前後

大事なのは発汗、食事、疲労のタイミングに多めに摂取する事です。

注意点

  1. 冷たい水ばかりを摂取しない!
  2. 一度の摂取量を減らして小まめに接種する
  3. 喉の渇きを感じる前に飲む
  4. 飲酒は水分補給にカウントしない